食育

食育について

子どもの成長にとって大切な時期に、何を食べてもらうかは大人次第です。
食事を作る親へのサポートを通じて、身体に良いものを選んで作り、
楽しく食べる意識を育んでいます。また、誰しもに関わりのある「食」でつながり
一緒に食べる楽しさを感じられる取り組みを行っています。

≪食育理念≫

食はつながり

安全安心な食で人の思いをつなぎ心身を育み命へつなげる

≪食育目標≫
  • お腹がすくリズムのもてる子ども
  • 食べたいもの、好きなものが増える子ども
  • 一緒に食べたい人がいる子ども
  • 食事づくり、準備にかかわる子ども
  • 食べものを話題にする子ども
  • 自然や食べ物にふれ恵みを感じられる子ども
  • 食に関わる人やものごとのつながりに気がつく子ども

参考「保育所における食育に関する指針」厚生労働省

食育活動内容

  • 子ども食堂「みん里0円こども食堂」

    みんなで夕ごはんを食べませんか?
    誰でもおいでーと、お母ちゃんボランティアが、あたたかい夕飯を作って待っています。
    「わたしでよければ」のお手伝いをしてくれる仲間も待っています。みんなの安心できる居場所になればと、開催中!

    【最近の投稿】

    〜晴々気分のお祝い弁当🌈〜


    今日は枚方市立中学校の卒業式でした。胸にコサージュを付け、晴々した笑顔で歩く中学生の姿が見られました😊
    卒園、進級、卒業の皆さん、おめでとうございます🌸

    お弁当は『牛太』さんのメンチカ…

    〜「つながり」に支えられて😊〜


    今週もたくさんのつながりから食材が集まり、お土産と愛情たっぷりのお弁当が準備できました!
    心強い助っ人で保育園の調理師さん、地域・子育てサークル「パプリカ」のボランティアさんが腕をふるってくれました!
    お弁当を受け取りにき…

    もっとみる

  • 子ども食堂畑「もくもくワンファーム」

    私達に出来る事は街中にある農園風景を子ども達に残したい。
    農体験を楽しみながら自然や人と触れ合う。そして、人も野菜も美味しく育ち合う。
    それが畑の醍醐味です。畑には 面白くて!優しくて!
    生きた学びがいっぱいつまっています。自分達で作った野菜が食卓に並ぶと最高ですよねー。
    私達と一緒に野菜を育てよう~。土日は畑の先生がアドバイスしてくれますよ。

    【最近の投稿】

    〜2月のもくもくワンファーム〜

    今回のもくもくワンファームは
    2月というのに
    暑いくらいの天候でした️

    一年でも一番寒い日を想定して
    「温室体験」だったのですが
    温室内は33℃以上になって
    真夏のようででした

    汗をかきながら
    みんなで温室を組み立て
    ビニ…

    〜畑の手入れとスナップえんどう・ほうれん草の植え付け〜

    今月も、くずはシティファームの篠原さんの指導のもと
    近隣の牧野高校園芸同好会の学生さんや
    大学生さんも一緒に農作業を楽しみました♪

    寒い中だったので篠原さんの提案で
    2チームに分かれてケンケンで対抗戦をして
    身体をあっためてから、畑作業が…

    もっとみる

  • 赤ちゃん食堂「じゅんさんち」

    子どもから高齢者の方まで、地域の方が気楽に集える場所です。
    地域の方が作ってくれるご飯は、昔ながらの優しい味。
    おいしいご飯をみんなで囲みながら、穏やかな時間を過ごしませんか?
    みなさんが自分の孫のように、愛情いっぱいに接してくれますよ。
    誰かと話したい、繋がりたいと思った時にぜひ遊びに来て下さいね。

    【最近の投稿】

    地域の居場所 じゅんさん家🏠


    緊急事態宣言でお休みをしてたじゅんさん家。

    3月12日(金曜)
    3月19日(金曜)
    3月26日(金曜)

    10時~15時
    開室されます❗

    パプリカさんたち(お料理、手…

    ~赤ちゃん食堂じゅんさんち~

    じゅんさんちは休室中ですが、社協こもれびさん、ボランティアサークルのパプリカさん、みん里スタッフで大掃除を行いました。
    一年のお礼の気持ちを込めてみんなでお部屋をきれいにしていきます。
    きれいになった後は、来年もよろしくね!と、パプリカさん…

    もっとみる

  • キッズキッチン

    食材との触れ合いやイベント料理など、様々な体験を通して楽しめる親子クッキングです。
    「自分で作る」ことによって、子どもの食に対する意欲をたくさん引き出してみませんか。家でのイベント、会話が増えるきっかけにも!
    地域の親子と一緒にクッキングを楽しみましょう。

    【最近の投稿】

    〜手打ちうどんに挑戦〜


    緊急事態宣言のために、地域の親子にには参加してもらえませんでしたが、園児さんで、手打ちうどん作りをしました。
    粉に水をいれて、みんなで混ぜて、こねて、丸めて、1、2、1、2、の掛け声に合わせて踏んで踏んで、めん棒でのばしてのばして…

    〜味噌作り〜

    今年もお味噌作りに挑戦しました。
    お味噌ってどうやってできるの?何からできるの?
    先生のお話をきいてから、柔らかくなった大豆を潰していきます。
    力強くたたいてつぶす子、ひと粒ずつ丁寧に指でつぶす子様々。
    各々に、ねんどみたーい!気持ち…

    もっとみる

  • みん里の食育

    みん里では食に関わる人やものごと、居場所を通して、
    食の楽しさ大切さと人の思いに気づいてほしいと願って食育活動をしています。
    行事・イベント食、野菜の栽培、味噌づくり、様々な体験から自ら安全安心な食を選び、
    食を営む力をつけるお手伝いをしています。

    【最近の投稿】

    〜お野菜づくりは子どもたちのこころの栄養〜

    子どもたちが10月にほいくえんのプランターに蒔いたほうれん草の種。
    お水をあげて太陽の光を浴び、日々見守って大きくなりお花が咲いてきました。なかなか見慣れないですがこのお花も一緒に食べられます。
    子どもたちは上手に根から抜いて収穫していまし…

    〜さといも(食育)だより〜

    もっとみる

  • 離乳食の紹介

    『食はつながり、安心安全な食で人の思いをつなぎ心身を育み命へつなげる』
    を理念とし、園では月齢に合わせて1〜2回の離乳食を提供しています。
    離乳食を進めるにあたって、月齢を基本とした4つの時期(初期、中期、後期、完了期)で区分していますが、
    月齢だけではなくその子の発達や体調面、家庭での離乳食の進み具合などを見ながら、
    一人ひとりに合わせて離乳食を進めていきます。
    離乳食開始や初めての食材は、まず家庭で数日食べていただいてから保育園で始めます。

    【最近の投稿】

    離乳食の紹介


    【初期 5〜6ヶ月】


    初めは重湯ひとさじから始め、徐々に増やしていきます。

    重湯になれたら次に野菜ペーストをひとさじずつ食べ進め、
    タンパク質の豆腐や白身魚も取り入れていきます。
     
    1食あたりの目安量…

    もっとみる