〜手打ちうどんに挑戦〜

緊急事態宣言のために、地域の親子にには参加してもらえませんでしたが、園児さんで、手打ちうどん作りをしました。 粉に水をいれて、みんなで混ぜて、こねて、丸めて、1、2、1、2、の掛け声に合わせて踏んで踏んで、めん棒でのばしてのばして、包丁で切ったら、おうどんの出来上がり。長いのや短いのいろんな形ができました。 工程を進むごとに形が変わり、子どもたちは「粘土みたい♪」と、感触も楽しんでいました。 茹で上がったうどんは、モチモチで歯ごたえもあって、「お餅みたいやね」とみんなでいただきました。 次回は、3月24日、パーティーメニューの予定 みんなでできるといいなぁ。 NPO法人ちいさいほいくえんみんなの里

〜味噌作り〜

今年もお味噌作りに挑戦しました。 お味噌ってどうやってできるの?何からできるの? 先生のお話をきいてから、柔らかくなった大豆を潰していきます。力強くたたいてつぶす子、ひと粒ずつ丁寧に指でつぶす子様々。 各々に、ねんどみたーい!気持ちいい!美味しくなーれと思いをこめて、楽しみました。   地域のお母さんも、お味噌作りははじめてと、とても熱心に説明を聞きながら作ってくれました。   3ヶ月後、みんなで食べるの楽しみだね。   次回は2月24日、手打ちうどん作りです。   ・NPO法人ちいさいほいくえん みんなの里 ・枚方市認可小規模保育事業実施施設みんなの里ぽこぽこほいくえん         

〜かぼちゃのすいとんとしゅうまい作り〜

子どもたちが、皮を剥いた玉ねぎをお母ちゃんたちが、みじん切りに。目の前で、お母ちゃんたちの手際のよさを見ていた子どもたちは、「目が痛くなってきた」と自然と涙が出てくる子も。 里芋もきれいに、剥いてくれました。   しゅうまいのタネ作りはビニール袋に材料を入れて、もんで、皮の上にしぼりだします。 材料を揉む感触が楽しいね。 あったかくて野菜たっぷり、かぼちゃのすいとんいりスープと、蒸したてのしゅうまいと、みんなでいただきます。 しゅうまいおかわりーの声があちらでも、こちらでも。大人気でした。   来月は、12月23日クリスマスメニューの予定です。   ・NPO法人ちいさいほいくえん みんなの里 ・枚方市認可小規模保育事業実施施設みんなの里ぽこぽこほいくえん        

〜野菜たちもハロウィン〜

久しぶりに、たくさんの親子が参加してくれ、にぎやかなキッチンになりました。 目の前にお野菜があると、スタートの合図も待たずに、玉ねぎの皮をむいたり、きのこをちぎったり、どんどん進んでいきます。 大きい子は包丁にも挑戦! みんなで下ごしらした野菜たちは、たっぷりのかつおと昆布でとった出汁にいれて、去年、みんなで作ったお味噌で豚汁に。   茹で上がったかぼちゃは、つぶして、茶巾に。 甘くて美味しいかぼちゃの茶巾、もっと食べたいと子どもたち。   ご飯のあとは、ハロウィンの絵本をみて、今回も行事を楽しみました。     次回は11月25日(水) シュウマイを作りますよ。     ・NPO法人ちいさいほいくえん みんなの里 ・枚方市認可小規模保育事業実施施設みんなの里ぽこぽこほいくえん    

〜お月見団子〜

地域の方より、すすきも届き、お月見の絵本を通して、季節の行事を感じながら、かぼちゃと白玉粉で、お月見団子を作りました。   お団子作りは、みんな進んで、こねて、丸めて、一生懸命。 できたよー!みてー!と、嬉しそう。 九十九堂さんのあんこでくるんで、できあがり。   秋の味覚のきのこや、さつまいもを使った、グラタンとスープで、子どもたちも、お母さんも、美味しいねーと、嬉しそう。 今回は、心強い助っ人、かくちさんもお手伝いしてくれ、料理をする姿に、子どもたちも、興味津々!何度ものぞきに行っていました。   10月は、Halloweenを楽しもう   ・NPO法人ちいさいほいくえん みんなの里      

親子で夏をのりきろう!クッキング

一気に暑くなった日、感染対策で、1テーブルに一組の親子と、距離を取りながらで、おしゃべりも控えめに少し寂しいキッズキッチンとなりましたが、子どもたちは、始まる前から、わくわく。 夏の野菜の皮むきで、ピーラーを使ったり、包丁にもチャレンジ!夏を乗り切るメニュー「ネバネバ丼」を作りました。 白玉作りは、子どもたちの得意分野!白玉だからって、マルではありませんよ。独創的な白玉がたくさんできました。かき氷にも挑戦しましたよ。 みんなでいただきます!のあとは、美味しい!美味しい!の声が何度も聞こえていました。 次回は9月、お月見団子作りの予定です。 ・NPO法人ちいさいほいくえん みんなの里