【みんなの里グループ研修会第2回】 ~テーマ「産育」~

地域で切れ目ない子育て支援を繋げている「みんなの里」が、今後できることを探っていくために、まずはマタニティーさんを知ろう。 ということで、 今回は助産師の柚木奈巳先生をお迎えして「産育」をテーマにお話していただきました。 テーマがとても大きいですが、その中でも コロナ禍の妊娠出産の現状や、産後うつ、育児相談について現状を聞かせていただきました。 産後は急激なホルモンバランスの変化や出産、育児、家事による心身的な疲労、親としての不安や自信のなさ等、、 また、コロナ禍での更なる心配等々、、 心が不安定に陥りやすくなります。 そういったお母さんへの支援は?? 「寄り添う」ことが大切。 何か声がけをしないと、と思いがちになりますが、できるだけ、安心できる居場所をつくり 、話しやすい雰囲気をつくることで、自然とお母さんの方から思いを少しずつ伝えてくれる。 そういう関係が築けることが大切と教えていただきました。 また、(園だけで)抱え込まないで、色々な専門家と繋げてみんなで輪になって繋がりながらサポートしていくことが大事。 依存の関係ではなく、お母さんの自立を目指してサポートすることが大事。 具体的な例を話していただきながら、お母さんへの支援の大切さを教えていただきました。 今日の研修には保育士や学生、臨床心理士や、妊娠中の保護者の参加があり、それぞれに色々な視点からの気付きや疑問、相談をして、柚木先生に丁寧に答えていただきました。 今まで妊婦さんと出会う機会は多いでしたが、なかなか専門的に聞く機会のできない話だったので、とても良い機会となりました。 みんなの里グループ研修会はみん里が大切にしている7つのテーマ(保育、産育、居育、親育、食育、社育、教育)を元に学ぶ機会です。 どなたでも参加していただけます。 第3回の内容も決まり次第お知らせします。 〈主催〉 NPO法人ちいさいほいくえんみんなの里 ・NPO法人ちいさいほいくえんみんなの里

〜地域とつながることの大切さ〜

高槻市立子育て総合相談センター「カンガルーの森」 今、オンライン研修の傾向が多い中、 高槻市さんからお誘いを受け みなさんの顔を見ながら、お話できました。 このような時期ですが、親子のために、子どもたちのために、みなさん、熱心に取り組んでおられます。 迎えてくれてありがとうございました。 ・NPO法人ちいさいほいくえんみんなの里

言葉で伝えあう授業

大学生と地域の活動を一つ一つつなげる授業。 考える事を言葉で伝えあい、地域の課題に気付き 解決を探るリアルな授業に学生達も真剣です。

大学へ招かれて講義

看護師を目指す学生さんへ 目の前の課題に気付いた時、どのように解決していくのか? 実体験を熱く語ります!!